多摩縦貫鉄道のページ

 

こちらは、京名電鉄の子会社として営業している、多摩縦貫鉄道のページです。

ダイヤ構築を目的とした空想鉄道での地図を用いた架空鉄道から発展させていきました。

いろいろなコンテンツをお見せ出来ればなと考えております。

 

 

1、概要、多摩縦貫鉄道ってなんぞや?

多摩縦貫鉄道は昭和50年に横浜線の増線の計画、多摩ニュータウンから横浜への輸送、鉄道空白地帯の穴埋めを目的とした『準大手私鉄』であります。

鉄道線としては、比較的新しい鉄道ではありますが、元々は昭和初期に開業した八王子電気軌道(今の軌道線)と言う会社が、

『横浜に路線を延ばしたい』と鶴の一声で開業。

実は起源は路面電車でして、横浜全通時に社名も今の社名へと変わりました。

《路面電車の会社が鉄道を敷いた》

と当時は話題になったものです(って設定にしておいて。)

鉄道線の営業キロは 本線47km 33駅+綾瀬線13km 8駅+相模野線10.5km 8駅 の 3路線70.5km 49駅

軌道線の営業キロは 6.3km 18電停(本線の駅とは別カウント) と4路線合計すると76.8kmにもなり、もはや大手私鉄の規模にもなっております。

 

 

2、路線図・停車駅表

↑停車駅表(暫定) 画像を押すとオリジナルサイズで展開されます。

※のりかえ、ナンバリング、注釈、飾りつけ 未

 

 

3、車両

鉄道線と軌道線を保有しておりますから、意外とバラエティ豊富なんですよ!

あとで、表に纏めますが、ざっと画像だけでも

↑ 1000系前期車

↑ 1000系後期車

↑ 2000系前期車

↑ 2000系前期車(急行形)

↑ 2000系後期車

↑ 3000系前期車

↑ 3000系後期車

 

 

 

 

 TOPへ

 

著作権について

当サイトが使用してある画像のほとんどは、当サイト管理人に帰属します。

(一部は、サーバー側が用意した画像ですので、わからない方はお気軽にお聞きください。)

また、一部許可なしで使用可能(バナーや、許可なしと書かれた画像)につきましては、

ご自由に使用して下さい。

inserted by FC2 system